納期が遅れるときの言い訳

仕事をしていると、予定していた納期が遅れてしまうことがあります。

会社全体の責任であれば、原則として、クライアントに対し、きちんとした事情説明が必要です。

しかし、納期の遅れに自分のミスが関係するなど、説明しにくい理由がある場合、それを正直に言うと、クライアントによっては取引の中止に及ぶ場合もありますので、うまく言い訳をして逃れたいところです。

そんなときに使える言い訳を紹介します。

1.トラブル

利用できる言い訳としては、『トラブル』という説明があります。

たとえば、『社内調整にミスが発生した』などと言い訳をし、自分には非がないことを説明するとよいでしょう。

つまり、具体的な責任の所在を特定せず、ぼかす方法です。

2.計画に無理があった

エンジニアの世界などに良く当てはまることですが、はじめから計画に無理があったと説明する方法があります。

たとえば、疲労で担当者が倒れテストが遅れたなどと言い訳することができます。

NG回答例

絶対に伝えてはいけない言い訳は、『能力不足により仕事が遅れた』です。

仕事をこなす能力に疑問をもたれてしまい、信用が失われてしまいますので、嘘も方便と心得ましょう。