子供がVRをすると危険な理由とは

VRは、子どもにとって、健康上の害やリスクがあると言われています。

解説します。

Virtual Reality(VR)のリスク

VRとは、 コンピュータグラフィックやサウンドなどにより、ユーザの感覚を刺激して、実体のない環境を作り出す技術です。

VR酔い

VR 用のゴーグルを装着したまま体を動かす体 験は、体験者に精神的なストレスをもたらすと言われています。

これは、いわゆる「VR 酔い」として知られています。

斜視

また、特に、VR 用の機器は、10 歳未満では斜視になりやすい傾向があると報告されています。

VRは、すべての映像が目の前の画面に表示されているため、脳が距離感をつかめず混乱してしまうのですがら幼少期は外眼筋や視力が発達途中のため、成人よりも影響を受けやすいからです。

業界標準としては、対象年齢 13 歳以上となっています。

没頭する(耽溺)

さらに、VRは、没入感が強いため、のめり込んでしまって、ほかのことが手につかなくなってしまうリスクがあります。

ペアレンタルコントロール(親による視聴制限)などを設定することが望ましいでしょう。