AMPページへ必須構造化データを追加してエラーを解決する方法

AMPサイトを作成したあと、Search Consoleサーチコンソールを確認すると、ダッシュボードに「AMP ページへの必須構造化データの追加について 」というメッセージが表示されることがあります。

これは、サイトのHTMLコード中に、AMP ページへの必須構造化データが存在しないことを警告しています。

このエラーは、AMPサイトのインデックス自体には影響はありません。

しかし、解決した方がいいことは言うまでもありません。

そこで、AMPプロジェクト(https://www.ampproject.org/)などを参考に、わたしが色々と試して、うまくいった解決策を記載しておきます。

みなさんの参考にしてください。

ここでは、HTMLを自分で編集してAMPサイトを作る場合を想定しています

※ワードプレスでは試していませんので分かりませんが、もしかすると応用できるのかもしれません。

対象は「記事」すなわち「Article」です。

つまり、たとえば、divタグを使って、<div itemscope itemtype=”http://schema.org/Article”>と</div>とで囲まれた範囲内にコードを書いていくときの話になります。

必須の構造化データ

構造化データでエラーを出さないために必要になるのは、以下のものです。

1.見出し(headline)

記事の見出しです。 見出しは 110 文字以内に収めます。

2.名前(name)

記事の名前です。

3.発行日(datePublished)

記事が最初に公開された日時です。

4.著者(author)

著者名です。

5.画像(image)

記事を表す画像です。記事に直接含まれるマックアップ画像のみ指定します。
画像フォーマットは jpg、png、gif のいずれかです。
画像URLはクロールおよびインデックスづけが可能である必要があります。
画像の縦幅と横幅を指定します(ピクセル表記です)。画像の横幅は696ピクセル以上にします。

6.発行者(publisher)

− 名前(name) 記事の発行者の名前です。

− ロゴ(logo) 記事の発行者のロゴです。


それでは、順番に紹介していきます。

1から6までの記載の順序は、好きなようにして構いません。

見出し

たとえば、つぎのように書きます。

<h1 itemprop=”headline”>見出し</h1>

名前

たとえば、つぎのように書きます。

<span itemprop=”name”>記事の名前</span>

発行日

たとえば、つぎのように書きます。

<span>2016.04.01<meta itemprop=”datePublished” content=”2016-04-01″></span>

著者

たとえば、つぎのように書きます。

<span itemprop=”author” itemscope itemtype=”http://schema.org/Person”>
<span itemprop=”name”>著者の名前</span>
</span>

画像

たとえば、つぎのように書きます。

<span itemprop=”image” itemscope itemtype=”https://schema.org/ImageObject”>
<amp-img src=”画像のURL” width=”100″ height=”100″ layout=”fixed”>
</amp-img>
<meta itemprop=”url” content=”画像のURL”>
<meta itemprop=”width” content=”100″>
<meta itemprop=”height” content=”100″>
</span>

発行者(名前とロゴ)

たとえば、つぎのように書きます。

<span itemprop=”publisher” itemscope itemtype=”http://schema.org/Organization”>
<span itemprop=”name”>発行者の名前</span>
<span itemprop=”logo” itemscope itemtype=”https://schema.org/ImageObject”>
<span>
<amp-img src=”ロゴ画像のURL” alt=”” width=”200″ height=”50″ layout=”fixed”></amp-img>
<meta itemprop=”url” content=”ロゴ画像のURL”>
</span>
</span>
</span>

確認方法

これらの構造化データを追加したところで、構造化データテストツールで、確認します。

こちらです。https://search.google.com/structured-data/testing-tool

なお、AMP自体の有効性については、「AMP validator」で確認します。

https://validator.ampproject.org

以上、ご参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です