禁煙で太る理由とダイエット方法を紹介します

禁煙することは「難しい」と言われています。

しかし、中には、禁煙がうまくいく人もいます。

ただし、禁煙がうまくいった人には、新たな問題が発生します。

これまでタバコで解消できていたストレスをどうするのか?という問題です。

中でも、ストレスのはけ口として、「食べすぎること」が問題になります。

実際に、禁煙してみると体重が大幅に増えてしまう人が多いようです。

禁煙後1年でおよそ4kgも増えてしまう人もいるくらいです。

喫煙者の体重

じつは、ダバコを吸っている人の体重は、不当に低く抑えられていると言われています。

なぜかというと、ダバコのきつい味と香りのせいで、味覚が落ちているからです。

また、嗅覚も落ちています。

嗅覚細胞 の一部がタバコ成分による磨耗で、匂いを感じなくなってしまっているのです。

匂いがわからないと味が落ち、食欲が下がるのです。

禁煙と体重増加

禁煙すると、味覚が改善されます。

すると、2日目や3日目くらいから、食べ物がおいしく感じるようになり、食べすぎてしまいます。

さらに、喫煙時は、タバコの煙のニコチンで、体の代謝が上がり、エネルギー消費量が上がっている状態ですが、禁煙によって、代謝が下がってしまうと言われています。

体重の増加量としては、正常なところまで戻る人(2kg増程度)が約30%、増えすぎる人が30%〜40%、そのままか減る人が 30%です。

禁煙太りの対策としてのダイエット

禁煙太りを解消するために、ダイエットが有効です。

禁煙グッズを使う、体を動かしてストレスを発散する、深呼吸などのリラックス法を習得する、野菜を多く摂取する、お酒を飲まないようにする、などです。

特に、運動が効果的です。

運動は食べたものを燃やすだけではなく、全身のいろんなホルモンが調節され、体に脂肪がつくのを抑えてくれます。

禁煙太りをしても禁煙を続けることが大切

禁煙太りした人の中には、太ったことを理由に、禁煙をやめてしまう人がいます。

しかし、禁煙によって太ってしまう人は多くいるので、気にしていては、禁煙を成功させることはできません。

10kg太 っても禁煙をがんばって成し遂げた人もいます。

1キロでも増えたら恐怖を感じてしまうような方は、太るのは一瞬だけというという考え方をもつ必要があるでしょう。