赤ちゃんのための液体ミルクの選び方とランキング

スーパーマーケットにいくと、たくさんの液体ミルクがあります。

みなさんは、赤ちゃんのための最高の液体ミルクの選び方を知っているでしょうか?

液体ミルクの選び方で頭を悩ませているのなら、参考に、是非こちらの記事をお読みください。


ふつうの液体ミルクと濃縮ミルク

まずは、通常のミルクと、濃縮液体ミルクについて、メリットとデメリットを紹介します。

1. 通常の液体ミルク

ふつうの乳児用液体ミルクは、すぐに使えるため、最も便利です。

水を混ぜたり、分量を調節する必要がありません。

容器のフタを開けて、哺乳瓶に入れるだけで、赤ちゃんに与えることができます。

大部分の病院では、すぐに使える液体ミルクを新生児に与えていますので、安全についての心配はいりません。

ただし、開封してからの貯蔵期間が短いという欠点があります。

たいていの場合、48時間以内に利用しなければなりません。

2.濃縮液体ミルク

濃縮された液体ミルクも売られています。

これは、水と混ぜることで、赤ちゃんに与えることができます。

濃縮液体ミルクは、水で薄める手間はかかりますが、ふつうの液体ミルクより価格は安く、収納場所も少なくすみます。

ただ、粉ミルクと比較すると、やや高価です。

ベースの種類

つぎに、液体ミルクの原料成分の種類について解説します。

色々な赤ちゃんのニーズを満たすために、いくつか種類があります。

1. 牛乳ベース

大部分の乳児用の液体ミルクは、主要成分は牛乳です。

そして、牛乳は乳糖が含まれているので、消化できるように、ミルクのタンパク質が変えられています。

2. 大豆ベース

大豆ベースの液体ミルクもあります。

牛乳ベースの液体ミルクと同じように、消化を容易にするために、植物タンパク質が変えられています。

もし、宗教上の理由で牛乳が飲めないという場合でも、大豆ベースの液体ミルクならば、飲むことができます。

3. ラクトース除去の液体ミルク

まれに、乳糖(ラクトース)を消化することができない赤ちゃんがいます。

このような赤ちゃんには、ラクトースを除去したミルクがオススメされています。

4. 加水分解液体ミルク

赤ちゃんが、ミルクの中のタンパク質を消化するのが簡単になるように、「加水分解」という方法で、タンパク質が小さくされた液体ミルクがあります。

液体ミルクにアレルギーがある赤ちゃんに、この液体ミルクが推薦されています。

液体ミルクのランキング

注)編集中です