JavaScriptの書き方のルール

J a v a S c r i p tの書き方のル ール

記載場所

方法1

< s c r i p t >要素の中に記述する

方法2

外部の J a v a S c r i p tファイルに記述する ( H T M Lから J a v a S c r i p tを読み込む )

書き方のルール

ル ール 1

基本的に半角の英数字と記号のみを使う 。

ル ール 2

文字列 (文字の並び )を扱う場合はシングルクォ ート ( ’ )かダブルクォ ート ( ” )で囲む 。

ル ール 3

大文字と小文字は別の文字として扱わう。

ル ール 4

命令文の末尾にはセミコロン ( ; )を付ける 。

ル ール 5

複数行に渡るひとまとまりの命令群を波かっこ { }で囲む 。囲まれた範囲をブロックと呼ぶ 。

ルール6

スクリプトの中で自由に改行や半角のスペ ース (空白 ) 、タブを挿入して良い。