関数の代入と関数式

関数の代入

関数は、変数に入れて扱うことができる。

書き方は、

変数名=定義済の関数名;

代入するときは、関数名の後ろに()はつけない。

関数式

関数の定義と、変数への代入を同時に行うこともできる。

このような式は、関数式という。

書き方は、

変数名=function 関数名(){処理内容}; ←セミコロンをつける