変数のスコープ

変数には、スコープ(いわゆる有効範囲)が設定されている。

グローバルスコープは、スクリプト全体で数を参照できる(どこからでも参照できる)。

グローバルスコープの変数は、グローバル変数と呼ばれる。

ローカルスコープは、ある関数の中でのみ変数を参照できる。

ローカルスコープの変数は、ローカル変数と呼ばれる。

なお、関数の内側で変数を宣言すると、その変数は関数内でのみ有効なローカル変数となる。他方、変数の宣言を省略すると、JavaScript が 暗黙的にグローバル変数として宣言を行なう。

また、名前が同じでもスコープが異なる場合は、違う変数として扱われる。

ローカル変数は、関数が呼び出されるたびに値が初期化される。

グローバル変数は、ページが更新されない限り、永続的に値を持ち続けることができる。

スコープの使い分け

基本的に、ローカル変数を使うのがよいとされる。

つまり、関数の内部で、変数の宣言をすべきということである。

複数のJavaScriptを読み込んだときに衝突を避けるためである。