腎機能検査とは

腎機能検査(用語解説)

 腎臓の機能は、①不要な最終代謝産物、老廃物、薬物などの排泄、②電解質バランス、浸透圧、酸塩基平衡の調節、③エリスロポエチン、ビタミンDなどの物質の産生、④レニンーアンギオテンシンーアルドステロン系の活性化と制御、⑤糖や薬物の代謝などです。

腎疾患

 腎疾患はおもな障害部位によって、糸球体疾患、尿細管性疾患、腎間質性疾患に大別されます。

腎検査

・BUN、クレアチニン、尿酸

 →腎機能低下に伴って上昇します

・β2ミクログロブリンやαミクログロブリン(尿細管性蛋白質)

 →糸球体障害では血中濃度が増加し、尿細管障害では尿中濃度が増加します

・N-アセチルグルコサミニダーゼ(NAG)

 →近位尿細管上皮細胞中に存在する蛋白質分解酵素であり、尿細管障害により逸脱し尿中に増加します

・内因性クレアチニンクリアランス

・フェノールスルホンフタレイン排泄試験(PSP試験)

・フィッシュバーグの濃縮試験