デジタル化とは?

デジタル化について簡単なまとめです。

参考にどうぞ。

デジタル化とは

デジタル化によって、コンピュータは数値以外のものを処理することができます。

文字

一つの文字に、ひとつの数値を対応させれば、コンピュータ間で、文字のやりとりができます。

ただし、対応の仕方を共通にしないと、意図した文字が伝えられません。

そこで、共通の、文字と数字との対応表を決めます。

これが、文字コードといわれるものです。

たとえば、JIS、Shift-JIS、EUCなどの文字コードがあります。

画像

画像を、細かく区切り、一つのマス目の色を、数値で表現します。

どの程度まで細かく区切るのかを「解像度」といいます。

解像度が大きいほど、画像は美しくなりますが、データ量が増加します。

音の波形は、一定の幅で区切ることができます(これを標本化といいます)。 そして、区切った部分ごとに、波の大きさを整数で数値化します(これを量子化といいます)。

標本化と量子化を細かくするほど、音質は向上しますが、データ量が増加します。