ポケモンGOをドローンで攻略する方法(スマホをPCでミラーリング操作)

『Pokémon GO』は、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、プレイヤーは実際に家の外に出てポケモンを探し、他のプレイヤーと出会いながら楽しめます。

www.pokemon.co.jp

ただし、ポケモンGOは、GPSを利用しており、ポケモンの卵の孵化のために時速10km以下のスピードで移動しなければならないという制約があります。

つまり、距離のカウントは、時速10kmを超えると勝手に止まるようです。

電車や自動車では不可で、徒歩あるいは自転車でゆっくりと進む必要があります。

しかし、徒歩や自転車の問題点は、画面を見続けて長時間歩いてプレイしようとすると疲れてしまうことです。

プラレールを使う方法やペットにスマホをくくりつけて散歩させる方法などもネット上にありますが、手間や時間がかかり、敷居が高いと思われます。

そこで、この問題をクリアするのに、ドローンが役立ちます。

ドローンをゆっくりと進行させることにより、ポケモンをゲットできるようになります。

つまり、ドローンの足部分などにスマートフォンを搭載し、かつ、スマホの画面をパソコンなど別のデバイスで見れるように設定したうえで、ドローンを使うことで、座りながらポケモンをゲットできる仕組みです。

海外では、チートプレイとして紹介されています。

スマホの画面をパソコンに写すには、ミラーリングという手法をアプリで実行します。

androidスマホ画面をPCにミラーリング表示し、PCからスマホ画面を
遠隔操作することができます。

これには、まず、Googleプレイストアから「mobizen」をインストールします。

Mobizen | Your Android, Anywhere

そして、パソコンとスマホを同じWi-Fiにつなぎます。

少し知識が入りますが、手順を簡単にまとめると、

1:スマホで公式サイトからapkをダウンロード

2:スマホにMobizenをインストール

3:PCに公式サイトからexeをダウンロード

3:PCにMobizenをインストール

4:スマホのMobizeを起動して、Googleアカウントを選び、Mobizenのパスワードを作る

5:PCのMobizeを起動し、Googleアカウントを選び、Mobizenのパスワードでログインする

Wi-Fiについては、固定回線の家のルーターを使っても良いでしょうし、ポケットWi-Fi(モバイルルーター)が便利かもしれません。

なお、上のような遠隔操作は、Android端末のみ可能です。
iPhoneについては、遠隔操作する方法がありません。