トロンビンについて

トロンビン(用語解説)

 トロンビンは、血液凝固因子Ⅱaであり、フィブリノゲナーゼともいいます。

 プロトロンビンが凝固因子Xaにより切断されることで、活性をもつトロンビンになります。

 トロンビンは、フィブリン生成や、血小板凝集、細胞増殖、ホルモン分泌などを誘導する機能を持ちます。