心電図検査について

心電図検査

・肢誘導

 心臓を、垂直方向で分析しています。

 Ⅱ、Ⅲ、aVFは、心臓の下部を見ています。
 Ⅰ、aVLは、心臓の左側(側壁)を見ています。

・胸部誘導

 V1~V4は、心臓の前壁を見ています。
 V5、V6は、心臓の側壁を見ています。

・P波、QRS波、T波

 P波は、心房の興奮を表します。

 上向きの波は、すべてR波です。
 R波の手前で、下向きの波はQ波です。
 R波より後で、下向きの波は、S波です。

 S波とT波の間のスロープをST波といいます。

・波形

 上向きの波は、電極に対して向かってくる波です。
 下向きの波は、電極から遠ざかる波です。

・心拍数

 記録紙の小さな四角は、0.04秒であり、5つの四角で0.2秒。

・正常心電図

 QRS波は、波形では、V1からV5にかけて、R波が徐々に高くなります。
 一方、S波は、徐々に低くなります。