HIV恐怖症とは

HIVに関して、「HIV恐怖症」という心理状態があります。
.
これは、危険ではない性行為を不安に感じてしまうことをいいます。

また、たとえば、偶然に他人血液が付着したときに、それに触れたことで HIVに感染したと思い込むようなケースがあります。

.このような人は、仮に、検査で感染がない(陰性)という結果が出たとしても、自分は感染しているに違いないと信じ込んでしまいますり

強い不安やうつを抱えて、いろいろな医療機関へ行くことを繰り返す(ドクターショッピング)ようです。