画像の無断引用をGoogleに通知すれば、どんなまとめサイトでもDMCAで簡単にGoogleインデックスから削除されてしまう。

先日、知人との間でDMCAについて話題が出たので紹介します。

著作権違反のサイトをGoogleの検索結果から除外できる、DMCAという制度があることはご存知かもしれません。

この制度について、サイト運営者にとって、嬉しい情報を得ました。

どんな情報か

結論から言えば、タイトルにあるように、画像の無断引用を根拠にDMCAをする場合の話です。

そして重要な点は、たとえ画像が、まとめページのコンテンツの、ほんの一部にすぎなくても、URLを削除してもらえるということです。

解説〜まとめサイトと画像と著作権法〜

通常、まとめサイトは、見栄えを良くするため、また、説明を分かりやすくするため、いくつかの画像を引用しています。サイトによっては大量の画像を用いているものもあります。

そして、画像は、ほぼ全てのケースで、引用という名のもとに、無断掲載されています。

そんな実態はウェブ業界では問題視されていますが、法規制が追いついておらず、現行法のもとで、特に、力を持たない個人クリエイターが、対応に苦慮しているケースが目立ちます。

しかし、そういった画像の無断掲載への対応に成功した事例を聞きました。

すなわち、こういう話です。

あるとき、まとめサイトに、自分の画像が引用されているのを見つけた人が居たそうです。

苦労して作成した画像であったので、その人は憤り、まとめサイトに削除依頼するとともに、Googleには、画像が無断引用されているので検索結果からURLを削除してほしいと通知したそうです。

すると、数日後に、まとめサイトのURLが、画像に関連するキーワードの検索結果から無くなったそうです。

(なお、まとめサイトへの削除依頼は、承認されなかったそうです)

ここで重要なことは、その画像は、何ページにもわたる、まとめページの一箇所にのみ無断転載されていただけということです。

日本法の考え方にもとづけば、無断であっても、正当な引用と認められれば、著作権法には違反しませんが、アメリカ法に基づくと判断が異なるのかもしれません。

おそらく、アメリカ法では、「無断で」という一点が、非常に重要なのだと思われます。

また、まとめサイトは全体として著作権法違反が多いので、個別のページについて詳しく判断することを避け、一律に、このような対応を取られるのではないかと推測しています。

以上の事実は、クリエイターにとって、朗報であると思います。