ダイエット中でも1日3食が大事

image

ダイエットの方法はさまざまですが、糖質制限がブームです。

ここでは、糖質制限の方法と注意点を紹介します。

糖質制限の解説

食べないダイエットや単品ダイエットは、 体重は落ちますが、リバウンドしやすいと言われています。

いったんリバウンドすると、さらにやせにくくなってしまいます。

たとえば食事を抜くと、血糖値が上がりやすい体になってしまい、また、食欲が増進して食べ過ぎてしまいがちです。

必要な栄養素はしっかり補いながら、カロリーを抑えていくのがベストです。

ここで、糖質制限は、糖尿病の治療の一環として、ごく普通に行われている食事療法のひとつです。

この療法は、糖質を多く含む主食の食べる量を制限したり、おやつなどの間食や、砂糖が大量に入っている飲料を減らすことで、 糖尿病の改善や、肥満などの防止を狙うものです。

糖質制限で痩せるのは、糖質制限によって、糖質を脂肪に替えるホルモン「インシュリン」の分泌を抑えることができるからです。

そうすると、脂肪の蓄積を防ぐことができると同時に、糖質の代わりに体脂肪をエネルギーとして燃焼することができます。

結果、体脂肪が減り、理想的な痩せ方ができます。

減良すべき食品

糖質が多いものには、つぎのものがあり、これらを減量することがダイエットの成功につながります。

◎ごはん・パン・うどんなどの炭水化物

◎里芋・じゃが芋・山芋などの芋類

◎人参・ごぼう・れんこんなど、 加熱で甘くなる根野菜

◎大豆を除く豆類

◎牛乳などの乳製品や、果物

◎チューハイやカクテルなどの甘いお酒

糖質制限の注意点

糖質制限をすれば痩せる効果はありますが、やりすぎに注意が必要です。

糖質制限は、ダイエットとしては、正攻法ではありません。

不健康な痩せ方の部類に入ります。

食べるものが少ないと確かに体重は減りますが、必ず。やつれます。

血の巡りが悪いので、食事制限を緩め た際にリバウンドしやすくなります。

糖質制限ダイエットは、やればやるほど、本来は体に必要な栄養素である炭水化物が制限され、本来の健康的な体からは遠ざかってしまいます。

すでにある程度の糖質制限をしているという人は、糖質制限ダイエットには取り組まない方がよいでしょう。

そういった方は、運動による正攻法のダイエットがオススメです。