呼吸器疾患について

呼吸器疾患について

 代表的な呼吸器疾患を列挙します。

・慢性呼吸不全(CRF)

・かぜ症候群
 →病態ウイルスによる上気道感染

・肺炎
 →病原体感染による肺実質の炎症

・肺結核症
 →結核菌による感染症

・非結核性抗酸菌症(NTM,MOTT)
 →非結核性の好酸菌による感染症

・肺化膿症
 →肺実質を主体とする炎症で、肺組織の壊死を伴います

・膿胸
 →化膿性変化により胸膜腔に膿が貯留した状態

・肺真菌症
 →真菌による肺の感染症

・PIE症候群
 →好酸球増多を伴う肺疾患 ・気管支喘息
 →気道の慢性炎症に伴う可逆性の気道閉塞、および、気道反応性の冗進

・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
 →有毒な粒子・ガスの吸入により生じた肺の炎症反応に基づく進行性の気流制限を呈する

・特発性間質性肺炎(IIP)
 →肺の間質を病変の主座とする原因不明の炎症性疾患

・肺血栓塞栓症(PTE)
 →肺動脈が血栓などの塞栓子により閉塞して生じる疾患