18歳で成人になると酒・タバコ・ギャンブル・結婚・成人式はどうなる?

日本において、現在の20歳で成人になる制度から、18歳で成人とする制度の改正案が議論の対象となっています。

選挙権が18歳に引き下げられたのが記憶に新しいですが、ついに、成人の年齢まで引き下げられるようです。

成人引き下げといえば、まず疑問に思うのは、酒、タバコ、競馬やパチンコなどのギャンブル、結婚可能になる年齢(女子16歳)、成人式の年齢については、どうなるのかということでしょう。

まず、酒やタバコは、20歳のままに据え置かれそうです。

これは、自分の意思うんぬんよりも、20歳以下の体に健康上の影響が大きいことを心配してつくられた年齢制限だからです。

つぎに、競馬やパチンコは、おそらく18歳に引き下げられるでしょう。

とくに20歳のまま据え置いて制限する理由がないからです。

また、結婚の年齢制限については、女子は16歳から18歳に引き上げられそうです。

これまでは、女子は精神の発達が早いことを理由に16歳となっていましたが、結局は親の同意が条件となっていたため、中途半端な規程でした。

そこで、男女平等の原則を取り入れて18歳になるようです。

18歳になれば、自身で判断できるということで、男子の18歳と合わせることに何ら問題は無いというのが国の考えだそうです。

最後に、成人式はどうなるのでしょうか?

18歳に変更になったとたんに困るのは、その年に19歳の人たちです。

正式な成人式のチャンスを逃すことになりますが、これは仕方ないのでしょう。