一戸建てで窓からの侵入を防ぐ究極の防犯対策は注文住宅かもしれない

一戸建ての場合、実は、泥棒の侵入経路で多いのは、窓からの侵入です。

玄関の侵入対策では、電子キーや生体認証の鍵など、高性能の鍵を設置する方法がありますが、窓ではそのような対策はできません。

窓からの泥棒や強盗の侵入を防ぐために、さまざまな工夫が必要になります。

現在の代表的な窓の防犯対策

現在の代表的な防犯対策は、窓を割られての侵入を防ぐために、シャッターをつけたり、鉄の格子をつけたり、窓を二重ロックにしたりします。

さらに、家の周りに踏むと音がなるような砂利を敷く、家の周りにゴミ箱などの足場になるものを置かない、夜に人を検知して自動で電気のつくセンサーライトを設置する、防犯カメラを設置するなど、さまざまな方策がなされています。

究極の防犯対策

しかし、いずれも完璧ではありません。

本当の意味で完璧な対策するためには、「窓から侵入できる」という根本的な原因を取り除くことです。

つまり、窓のサイズそのものを、人が通れない大きさにするしかありません。

一戸建てを注文住宅にして、一階の窓を、すべて小窓のサイズにします。

数を多くして、光を取り込めるようにします。

これにより、泥棒や強盗の侵入を確実にふせぐことができます。