隣の部屋で自殺や殺人があったときの説明義務と瑕疵担保責任は?

賃貸マンションや分譲マンションには、いくつも部屋があります。

まれに、その一室で、自殺や殺人事件が起きます。

しかし、新しく入居する人は、それをあらかじめ知るのは難しいでしょう。

そのため、建物の所有者や賃貸仲介業者が、新しい入居者にそれを説明する義務があるかどうかが問題となります。

実は、一般的には、借りようとする、まさにその部屋で事件があった場合には、伝える義務があるとされています。

隣の部屋ならば、教える義務はなくなります。

上の階や下の階といった場合も同様に、教える必要は無くなります。

したがって、新たにマンションなどに入居を考えている方は、必ず、その部屋で過去に何もなかったことを確認しておきましょう。