末期ガンで大麻の患者は有罪になるが懲役刑はくらわない

末期癌の患者が、大麻所持で逮捕された。

報道によると、現代医療に見放されたので、効果があると言われていた大麻にすがったのだという。

実際に効果は出ているようだし、弁護側の生存権の主張というのは一理ある。

処分は?

ここで末期ガンの患者など、死を目前にした患者の犯罪で度々あるのは、裁判で有罪になるが、懲役刑は免れるというパターンである。

今回もそのパターンになるのではないか。

裁判にかかる時間をなるべく減らすため、一審でこのような判決が出るだろう。

検察側も『人でなし』と叩かれたくないため、控訴しないと思われる。

もしも一審で懲役刑になったら?

仮に裁判官が冷酷にも一審で懲役刑を出したら、弁護側は控訴するであろうが、その間は大麻を使えないわけであるから、症状は悪化しそうである。

そのときのネットのバッシングは凄まじいものになりそうだ。