会社員とそれ以外の働き方を知ろう!

会社員以外の働き方

就職活動の結果、会社員となる方は多くいますが、それ以外にも働き方は多く存在します。

基礎知識として知っておくと、就職後に役に立つ時が来るかもしれません。

会社員を含めて、さまざまな働き方を紹介します。

1.会社員

a.正規型雇用(正規雇用あるいは正社員とも)

雇用期間を定めず、長期間働くことを前提にしています。

勤務時間は、フルタイム、短時間など、契約により決まります。

勤務場所については、在宅の場合や、他社に出向することがあります。

また、勤務地が海外となることもあります。

b.非正規社員

雇用期間が限られている社員です。

基本的に、昇給やボーナスはなしで、時給や日当で働きます。

契約社員、パート、アルバイト、嘱託社員、季節労働者、日雇労働者、派遣労働者などが該当します。

2.公務員

国家公務員や地方公務員として働く方法です。

法的には、国や地方公共団体から「任用」されて、公務員という身分で働きます。

労働契約を結ばない点が、会社員とは大きく異なります。

会社員との大きな違いは、民間では出来ない、公的なサービスに関わることです。

3.委任された仕事を処理する

委任された仕事を、委任してくれた人の希望通りに処理します。

医師や弁護士が代表的です。

4.仕事を請け負って働く

仕事の完成まで全てを請け負います。

例としては、建築工事、土木工事、物の運搬、洋服の仕立て、クリーニング、自動車修理、講演などが代表的です。

また、データ入力やプログラミングなどの『在宅ワーク』も該当します。

5.個人で働く

雇いもせず、雇われもせず働く方法です。

自営業と呼ばれる働き方で、情報通信技術の進歩とともに増加傾向です。

昔からあるのは個人商店や農家です。

最近のネット関係では、アフィリエイターやブロガーなどのフリーランス、せどり等をして稼ぐ人が該当するでしょう。
個人投資家もこの部類です。