サラリーマンはお金を貰っているのではない。お金を払っているのだ。いわゆる搾取である。

新社会人が街中を歩いているのを見て、以前に見聞きして印象に残った言葉を思い出した。

タイトルの言葉である。

サラリーマンは、仕事をしてお金をもらっているように見えて、実は会社にお金をせっせと収めているに過ぎないという話である。

つまり、やった仕事の価値よりも低い対価しかもらっていないという意味だ。

たとえば、1000万円の利益を生む仕事をしても、月に30万円や40万円しか貰えないようなことを指す。

労働者は、余分にタダ働きさせられているようなものである。

もちろん事業リスクやインフラコストなどは会社が負担しているし、利益を生まない仕事もあるので、単純化できる話では無いのだが、あくまでも一つの見方である。