副業のアフィリエイトが絶対に会社や家族にばれないための3つの条件。

最近は、だれでも簡単に副業でアフィリエイトをはじめられる環境が整っています。

そして、実際にやっている人は多いと思いますし、その中で、社会人になってからやり始める人の割合は多いと思われます。

しかし、勤務先の就業規則で副業が禁止されている時、どうすればよいのか判断に迷うことでしょう。

ゆるい会社ならいいのですが、厳しい会社のときが問題です。

また、家族にこっそりとやりたい人もいるでしょう。

そんな場合でも、何があっても絶対にばれない方法を考えてみました。

住民税の金額でばれたり、課税証明書や収入証明書を見られてもばれたりしない方法です。

『100パーセントばれないこと』を重要視するので、現実的ではないのですが、もし条件を挙げるとすれば、下記のようになります。

ひとつめの条件は、当然ですが、アフィリエイトしていることを誰にも話さないこと。

どこから情報が漏れるかわかりませんので、これは最低条件です。

ふたつめは、ブログやサイトで、個人が特定できる情報を載せないこと。

これも当然といえば当然です。

三つ目は、手元に入る収入を年間で20万以内に抑えること。

これは、確定申告の義務を無くし、課税証明書や、収入証明書に、雑所得の収入の金額が載るのを防ぐためです。

もしも成果が20万を超えても、ASPからの振込額は調整可能ですので、実現可能です。

もし調整できないASPなら、利用をやめましょう。

ASPの側に利益を貯めておき、会社を退職したときに、一気に残りの額を振り込んでもらうようにすれば、会社にはばれません。

そして、翌年の住民税は、家族に内緒で自分ですべて振り込みます。

以上の条件ならば、100パーセントばれません。