病院では患者が死ぬ前に既に『死亡届』と『死亡診断書』が書かれている。

昔からそうなのかどうか分からないが、病院によっては、患者が死ぬ前に書類が準備されている事実を世間は知っているだろうか。

 
対象は、ガンで治る見込みのない患者など、病院に長期入院している患者である。
 
患者の氏名や死亡理由となる病気などをあらかじめ書いておき、実際に亡くなったときに、その日にちを記載するだけ、といった状態にしておくのである。
 
医者にとっては時間の節約のつもりかもしれない。
 
しかし、患者の家族が、知らないところでそんな文書が書かれていたことを知れば、人によっては酷く気分を害するだろう。
 
もしもこれが道徳的でないと主張されて問題になったときに、病院は謝罪することになったりするのだろうか?