外国人旅行者向けに使い捨てWi-Fiルーターを販売してはどうだろうか

急増する外国人旅行者。

彼らの日本に対する不満のひとつは、Wi-Fi環境の悪さである。

街中で無料Wi-Fiが少ないうえに、なかには接続後に登録画面に誘導するものもあり手間がかかる。

かといって、いちいちSIMカードを買うのは面倒だし、設定が必要になるので手間がかかる。機種によっては使えないかもしれないなどの不安もある。

東京オリンピックに向けて改善の余地がある。

しかし、無料Wi-Fiスポットをつくるのは手間も時間もかかる。

税金を投入するのが勿体ないという人もいるだろう。

そこで、4G(LTE)のWi-Fiルーターを使い捨てで販売してはどうかと思う。

1日用なら2000円、3日用なら5000円のように日数と値段を調整して売る。

幸い、日本は携帯電話会社の通信網が発達しているので、通信環境は問題なく、不満は無くなるだろう。

空港や家電量販店、コンビニなどで売れば、かなりの販売が見込めるのではないか。

心配は悪用だが、販売のときにパスポートの提示でも求めれば、悪用の心配は減るだろう。

日本人が買うときも、マイナンバーカードなど身分証の提示で買えるようにすれば良い。