なぜ一地裁の裁判官がと言う人は裁判官の仕事を理解していない

福井県の高浜原発が地裁によって運転差し止めの仮処分決定がされた。

これに対して、「たかが地裁の裁判官が国のエネルギー政策を決めるのか」と反発が起きている。

経済界の論理に照らせば当然の主張と言える。
しかし、怒りの矛先を裁判官に向けるのは、間違いである。
▶︎裁判官の仕事
あたりまえであるが、日本は三権分立である。
裁判官の仕事は、立法府である国会がつくった法律に、現実の事件を当てはめて、結論を出しているにすぎない。
そして、裁判官は、法に基づいてさえいれば、法律上は何にも拘束されずに事件を自由に判断できる。
なお通常の事件では、事実上は、最高裁などの上級審の過去の判断に従うことにはなっているが、本事件のような前例のない事件では、それは関係ない。
▶︎だれのせいか
今回の判断は、裁判官のせいではない。
むしろ、判断させられた裁判官に同情すべきである。
こんな事件は誰も担当したく無いだろう。
あえていえば、立法の不備である。
国会がきちんと機能し、再稼働に対する法律の整備ができていれば、裁判所に原発が止められるといった事態は起きなかっただろう。