官公庁が市民の税金をわざと高い再生紙に使っている事実を知らなかった

官公庁の知り合いから聞いた話を紹介。

コピーやプリンターの用紙として、一般的には、再生紙よりも、真っ白な紙のほうが値段が高いと思われている。

しかし、実態は逆だ。

再生紙はリサイクルコストがかかっているため、新しい紙よりも再生紙のほうが購入単価が高い。

支出を減らすべき官公庁がなぜこんなことをしているのか。

よりにもよって、財源は市民の税金である。

その理由は、環境に優しいことをしているというイメージを保ちたいからに他ならない。

ところが、これは再生紙を作る業者へ、税金を意図的に分配しているようなものである。

新紙に関係する業界は、不利益を被っているということになる。

一方では、官公庁は、衰退する林業を支えられる手段を放棄しているとも言える。

本来ならば、新紙と再生紙とを同じ土俵で競わせるべきで、入札制度により決められなければならない。