海外の子供への募金活動について思うこと

いましがた、TVで「発展途上国の子供」のために募金活動している人の特集内容が流れていた。

この手の海外への募金について、いつも思うことがある。

日本にも貧困に困っている子供は多数いるわけで、 なぜそれに目を向けずに海外なのか?という点である。

たとえば、以前、京都府内の駅の近くで、大学生が海外の恵まれない子どもたちへの募金活動をしていた。

「なぜ日本の子供のための募金をしないの?」と尋ねてみたい。

もちろんやらないよりはやるほうが道徳的ではあるが、個人的には日本人を優先して欲しいと思っている。