英語力の差は年収で200万円の差

国際化の流れを受けて、ビジネスマンの英語力がますます重要になってきています。

外資系企業のみならず、日系企業でも社員に英語力を求めるところが増えています。

転職と英語力

転職市場において、転職者にも、即戦力として英語力(とくに英会話能力)を求める企業は多くなっています。

たとえば、転職の応募条件に、TOEICのスコアが850点あること(ビジネス会話レベル)や、700点(日常会話レベル)などを求めるところがあります。

英語力と年収

ある調査によれば、英語力と年収の関係を見ると、日常会話ができる人と、ビジネス会話ができる人との差額は、年収ベースで200万円の差になると言われています。

金額の違いは、役職や肩書きの違いとしても、あらわれます。

もはや、転職において、英語力は年収の高い仕事を獲得するために必須の能力となっていると言えるでしょう。

英語力のアップ

英語力をつける方法として、有効なのは英会話教室へ通うことです。

イーオンなどでは、毎週末にクラスを受講するような形態があります。

ディスカッションのスタイルで話し合うことなどを通じて、英語で主張するなど、ビジネスに通じる能力が培われます。

なお、ビジネス英語は、定型の表現が多く登場するので、それさえ覚えれば、短期でマスターしやすいと言われています。