飲み会を断るときや抜け出すときの言い訳

会社では、参加したくないなぁと思うような飲み会が開かれる場合があります。

とくに、上司が参加するような飲み会では、敬遠する人が多いようです。

そのような飲み会の参加を断るときに使える言い訳を4つ紹介します。

あるいは、言い訳を使って、飲み会を途中で抜け出すこともできます。

明日は大切な仕事がある

「明日は○○さんと重要な会議がある」などと説明します。

そして、「資料がまだできていないので仕上げたい」、「相手先のことを勉強したい」と付け加えるとよいでしょう。

同じ会社で仕事をしているわけですから、上司や同僚は理解を示してくれるはずです。

急な呼び出しを食くらった

これは偽装工作が必要になります。

次 電話のコール音を、アラーム機能で好きな時間にあらかじめ設定しておきます。

電話がかかってきたと演出し、「急に面会の用事が入った」などと言い訳して、飲み会の前や、飲み会中に抜け出します。

ただしこの方法は何回も使うと怪しまれますので、年に数回程度が限界かもしれません。

最近お酒を飲むと体調が悪くなる

これは、相手の気分を損ねずに帰るために使える言い訳です。

「最近、お酒を飲むと、なんだか体調が悪くなってしまうから飲み会を控えている」などと説明します。

このとき、「体調が戻ったらまた今度飲みましょう!」という一言をつけることで、印象よく、飲み会を断ることができます。

しかし、多用すると「この前もそう言って帰った」と思い出されて怪しまれてしまいますので、ほどほどにしておくとよいでしょう。

家族の都合で早く帰らないといけない

家族のことはプライベートなとこなので、いつでも、何回でも使える言い訳です。

家族で晩御飯を食べる約束をしていた等と言い訳します。

あるいは、「家族の体調が悪い」または「子供の受験が近い」などということにしておけば、それ以上、同僚や上司は踏み込んでこないでしょう。

以上、飲み会への参加を辞めたいときの言い訳を紹介しました。

参考になるものがあれば、ぜひご利用ください。