セルフメディケーション税制と医療費控除は同時に使えません-国税

セルフメディケーション税制と、医療費控除の両方を同時に適用することは認められていません。

どちらを使うほうが有利か、確定申告のときに判断しなければいけません。

方法は、まずはじめに、「医療費控除の対象となる医療費の総額マイナス10万円」と「セルフメディケーション税制の対象となる市販薬購入費の総額マイナス1万2千円」を計算します。

大きい金額のほうを使います。節税額が多くなるからです。